守護神のパラメータ差

Home »  守護神のパラメータ差

===========< 守 護 神 >================
キャラクタークリエイションで選択する「守護神」。

これがよくわかりませんでしたので、ある情報のみまとめてみました。
開始時のステータスボーナスとして属性値が説明されてます。それだけ。

属性値については、FF14では、与えるダメージへの加算はなく

戦闘は、被ダメージを軽減する防御ダメージのみに影響する、と公言されてます。

(特定の属性が優位なボスのコンテンツに対して、不利な属性のプレイヤーが

参加を拒まれる、などの差別がないように、との配慮だそうな。)

〜まずは属性値別リスト〜

同じ色の守護神は、属性値ステータス補正が同じでしたのでまとめていきます。

(空白=52 ◎=54 ○=53 ×=51)

HALONE【ハルオーネ】& MENPHINA【メネフィナ】 (水色)

火× 氷◎ 風○ 土  雷  水

THALIAK【サリャク】& NYMEIA【ニメーヤ】(青)

火  氷  風  土○ 雷× 水◎

LLYMLAEN【リムレーン】& OSCHON【オシュオン】(緑)

火○ 氷× 風◎ 土  雷  水

BYREGOT【ビエルゴ】& RHALGR【ラールガー】(藍)

火  氷  風  土× 雷◎ 水○

AZEYMA【アーゼマ】& NALD ‘ THAL【ナルザル】(赤)

火◎ 氷○ 風× 土  雷  水

NOPHICA 【ノフィカ】& ALTHYK 【アルジク】(黄)

火  氷  風  土◎ 雷○ 水×

以下、設定詳細〜
gods16gods712
順番(番号)は、キャラクタークリエイション時の、左からの並び順。

(=暦上の守護月の順序)

文章

前半はキャラクタークリエイション時の説明文。

後半は、検索して出て来た旧FF14のwiki?的なサイトより引用。
内容を読むと、守護神の性格は、職業に対応していることが解る。
ボーナスかなにかがある可能性も想像してしまうけど・・・(根拠なし)

初期属性パラメータ:火  氷  風  土  雷  水

標準=52 ◎=54 ○=53 ×=50

====================================

g1
1(水色1)

HALONE

氷河と戦争を司る女神にして、都市国家イシュガルドの守護神、ハルオーネ。

氷属の神力を有し、星一月の運行を務める。

通説では壊神ラールガーの娘であり、地神ノフィカの仇敵と解釈される。

青銅の大盾を持つ勝気な戦士の姿で描かれ、数槍を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火× 氷◎ 風○ 土  雷  水

 

ハルオーネ(はるおーね/Halone, the Fury)

十二神の一柱。

「戦神」の二つ名を持つ女神で、都市国家イシュガルドの守護神。

属性は「氷」、暦では「星1月(旧暦1月)の運行を務める」とされる。

イシュガルドの守護神であるため、信心深いクルザス方面の住人は、しばしば口にする機会があるだろう。

剣術のWS「レイジオブハルオーネ」は「ハルオーネの怒り」といった意味になる。

「2011/01/01から行われた降神祭」では「今年の守護神はハルオーネ」であるとされていたようだ。五紀暦を元にしているであろうエオルゼアの暦でどのような意味なのかは議論の余地があるが、2011年に戦闘系コンテンツが次々に追加する明確な方向付けが行われたのは戦神ハルオーネが選ばれたためだったのかも知れない。

========================================

g2
2(水色2)

MENPHINA

双月と慈愛を司る女神、メネフィナ。

氷属の神力を有し、霊一月の運行を務める。

通説では日神アーゼマの異母妹であり、山神オシュオンの恋人と解釈される。

円い平鍋を持った健気な小間使いの姿で描かれ、月輪を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火× 氷◎ 風○ 土  雷  水

メネフィナ(めねふぃな/Menphina, the Lover)

十二神の一柱。

「愛神」、「月神」の二つ名を持つ女神。

属性は「氷」、暦では「霊1月(旧暦2月)の運行を務める」とされる。

「ダラガブ」という番犬がおり、その名は月を周回する小月の名前ともなっている。

メネフィナの名前を関した料理「メネフィナシチュー」は惚れ薬としての効果がまことしやかに語られるなど、恋愛の神として親しまれているようだ。

========================================
g3

3(青1)

THALIAK

河川と知識を司る男神にして、都市国家シャーレアンの守護神、サリャク。

水属の神力を有し、星二月の運行を務める。

通説では海神リムレーンの父であり、工神ビエルゴの師と解釈される。

トネリコの杖を持つ内気な学者の姿で描かれ、巻物を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土○ 雷× 水◎

サリャク(さりゃく/Thaliak, the Scholar)

十二神の一柱。

「河神」の二つ名を持つ男神で、都市国家シャーレアンの守護神。

属性は「水」、暦では「星2月(旧暦3月)の運行を務める」とされる。

英語表記では”Thaliak, the Scholar”となっている模様。

「学者神サリャク」といった意味。
========================================
g4

4(青2)

NYMEIA

惑星と運命を司る女神、ニメーヤ。

水属の神力を有し、霊二月の運行を務める。

通説では時神アルジクの妹であり、壊神ラールガーの主と解釈される。

白絹のベールを被った聡明な機織の姿で描かれ、紡車を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土○ 雷× 水◎

ニメーヤ(にめーや)

十二神の一柱。

「星神」の二つ名を持つ女神。

属性は「水」、暦では「霊2月(旧暦4月)の運行を務める」とされる。

公式には紡車(つむぎぐるま)をまわす姿から、裁縫師が信奉するといわれているようだが、十二神の中では冒険者としてはあまり縁がある神ではないかも知れない。

クエスト「秘められた想い」ではニメーヤの名を冠した「ニメーヤリリー」の花がクエストアイテムとなる。

神学者として知られるハバク・アルバクによれば「開運を望むギャンブラーが、口にすることが多い名」だという。

========================================
g5

5(緑1)

LLYMLAEN

海洋と航海を司る女神にして、都市国家リムサ・ロミンサの守護神、リムレーン。

風属の神力を有し、星三月の運行を務める。

通説では河神サリャクの娘であり、地神ノフィカの姉と解釈される。

大身の銛を持つ壮健な漁師の姿で描かれ、波浪を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火○ 氷× 風◎ 土  雷  水

リムレーン(りむれーん/Llymlaen)

十二神の一柱。

「海神」の二つ名を持つ女神で、都市国家リムサ・ロミンサの守護神。

属性は「風」、暦では「星3月(旧暦5月)の運行を務める」とされる。

船乗りは信心深いのか、リムサ・ロミンサではその名前を耳にする機会が非常に多く、ダントツの知名度となっている。

地名にもリムレーンの名は多く見られる。

地図の表記はごく一部を除いてエオルゼア文字での記述しかないため気づきにくいが、「浮海月の巌穴」や「シュポシェの霊窟」の各広場には「リムレーンの○○」といった名前が付けられている。

========================================
g6

6(緑2)

OSCHON

山岳と放浪を司る男神、オシュオン。

風属の神力を有し、霊三月の運行を務める。

通説では商神ナルザルの義兄弟であり、戦神ハルオーネの親友と解釈される。

イチイの弓を持った呑気な猟人の姿で描かれ、山杖を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火○ 氷× 風◎ 土  雷  水

オシュオン(おしゅおん/Oschon)

十二神の一柱。

「山神」の二つ名を持つ男神。

属性は「風」、暦では「霊3月(旧暦6月)の運行を務める」とされる。

ラノシア南部、モラビー湾の西岸ににある灯台はOschon’s Torch(オシュオンの松明?)と呼ばれており、東岸のLlymlaen’s Ring(リムレーンの指輪?)灯台と対になっている。いずれも風の神である。

神学者として知られるハバク・アルバクによれば「古代都市「ニーム」で信仰が盛んであった」とされている。

各地のエーテライトを回ることで得られるアチーブメント「旅神オシュオンに愛されし者」にあるように、旅の神としても知られているようだ。

公式サイトにおいて「大陸移動説の連想から、採掘師の間で信仰を集めている」といった情報もあったが、ゲーム内でそういった繋がりが示されていたかは不明。

========================================
g7

7(藍1)

BYREGOT

建築と工芸を司る男神。、ビエルゴ。

雷属の神力を有し、星四月の運行を務める。

通説では河神サリャクの弟子であり、戦神ハルオーネの兄と解釈される。

双頭の鉄槌を持つ誠実な鍛冶の姿で描かれ、手指を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土× 雷◎ 水○

ビエルゴ(びえるご)

十二神の一柱。

「工神」の二つ名を持つ男神。

属性は「雷」、暦では「星4月(旧暦7月)の運行を務める」とされる。

クエスト等でビエルゴにまつわるエピソードが登場しているかは不明だが、「ビエルゴの祝福」、「ビエルゴの加護」といったゴッドセンドがあるため、名前は耳にしたことがあるという冒険者は多いだろう。

========================================
g8

8(藍2)

RHALGR

彗星と破壊を司る男神にして、都市国家アラミゴの守護神、ラールガー。

雷属の神力を有し、霊四月の運行を務める。

通説では星神ニメーヤの僕であり、工神ビエルゴと戦神ハルオーネの養父と解釈される。

黄銅の杖を持った怜悧な魔法使いの姿で描かれ、流星を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土× 雷◎ 水○

ラールガー(らーるがー/Rhalgr, the Destroyer)

十二神の一柱。

「壊神」の二つ名を持つ男神で、都市国家アラミゴの守護神。

属性は「雷」、暦では「霊4月(旧暦8月)の運行を務める」とされる。

「破壊の神ラールガー」と表現されることもある。

十二賢者の一人「賢者アルドバル」はラールガーの化身とされており、絵画や彫刻で描かれるラールガーの姿は巨漢の戦士であった賢者アルドバルがモデルだと言われている。

Oh, Rhalgr

グリダニアのオープニングでイダが「ここは死後の世界に違いない」と浸っている時にパパリモが

Oh, Rhalgr take you and your great beyond!

とツッコミを入れている。

単なる悪態のようにも聞こえるが、「アラミゴ・破壊の神・雷・パパリモの出自」等の関連性が何か読み取れるのかも知れない。

========================================
g9

9(赤1)

AZEYMA

太陽と審理を司る女神、アーゼマ。

火属の神力を有し、星五月の運行を務める。

通説では時神アルジクの娘であり、愛神メネフィナの姉と解釈される。

黄金の扇を持つ豪快な貴婦人の姿で描かれ、日輪を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火◎ 氷○ 風× 土  雷  水

アーゼマ(あーぜま/Azeyma, the Warden)

十二神の一柱。

「日神」の二つ名を持つ女神。

属性は「火」、暦では「星5月(旧暦9月)の運行を務める」とされる。

太陽と審理を司るアーゼマさまは、かく仰せられた。

神々を信ぜぬ全ての者に、裁きの炎を!

神々を信ずる全ての者に、導きの光を!

グリダニアの宣教師「スヴェーンヒルト」の言葉

ミコッテのサンシーカー族には、アーゼマを崇拝する者が多いと言われている。

リージョナルリーヴの査定組織のひとつに「アーゼマシールズ中隊」がある。

========================================
g10

10(赤2)

NALD ‘ THAL

地底と商売を司る男神にして、都市国家ウルダハの守護神、ナルザル。

火属の神力を有し、霊五月の運行を務める。

通説ではナルとザルの二面の神であり、双子と解釈される。

天秤を持つ明敏な商人の姿で描かれ、貝貨を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火◎ 氷○ 風× 土  雷  水

ナルザル(なるざる/Nald’thal, the Traders)

十二神の一柱。

「商神」の二つ名を持つ男神で、都市国家ウルダハの守護神。

属性は「火」、暦では「霊5月(旧暦10月)の運行を務める」とされる。

ナルとザルの双子と解釈されている。

ウルダハではナル、ザル各々の教会が建てられているほか、2つある城門も各々ナルとザルの名前が冠せられているほど、馴染み深いものとなっている。

ウルダハの教会では、ナル神は生者の世界を司る「現世利益を重視する成功者=お金持ち」向けの神、ザル神は死者の世界を司り「来世を重視する者=貧乏人」向けの神、などと解釈、表現されている。

一方で、ザル神のアルダネス聖櫃堂の前では「払うものを払えばこちらの呪術士先生を雇うことができるとのことです」とコメントするNPCもおり、結局ナルにせよザルにせよウルダハの沙汰は金次第なのではとの見方も。

========================================
g11

11(黄1)

NOPHICA

大地と豊穣を司る女神にして、都市国家グリダニアの守護神、ノフィカ。

土属の神力を有し、星六月の運行を務める。

通説では日神アーゼマの娘であり、海神リムレーンの妹と解釈される。

鋼の大鎌を持つ陽気な農民の姿で描かれ、新緑を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土◎ 雷○ 水×

ノフィカ(のふぃか/Nophica)

十二神の一柱。

「地神」の二つ名を持つ女神で、都市国家グリダニアの守護神。

属性は「土」、暦では「星6月(旧暦11月)の運行を務める」とされる。

グリダニアの幻術士ギルドの入り口には「豊穣神祭壇」と呼ばれる施設があるが、これはノフィカを奉るものである。

グリダニアでノフィカの名を意識する機会は、ウルダハのナルザル、リムサ・ロミンサのリムレーンと比較すると、驚くほど少ないが、これはグリダニアでは「森の精霊」をノフィカの分身とみなしているために、守護神の話題が全て「森の精霊」の話題として語られるためであるようだ。

ノフィカはグリダニアの前身となる地底都市ゲルモラにおいても信仰対象となっていた、とされており、幻術体系に登場する「女神の~」の名の付くアビリティはノフィカを指していると説明されている。

これらのアビリティは「ノフィカ女神の直接の顕現」と考えるよりは「現象に対する幻術士達の解釈」として理解した方が抵抗が少ないかも知れない。

西ザナラーン、ホライズンエッジの南東にはノフィカの井戸と呼ばれる地域がありギルドリーヴで訪れる機会もある。

ノフィカの名は、それが神の名であると意識されているかどうかはともかく、多くの冒険者にとって馴染み深いものと言えるだろう。

========================================
g12

12(黄2)

ALTHYK

重力と時間を司る男神、アルジク。

土属の神力を有し、霊六月の運行を務める。

通説では星神ニメーヤの兄であり、日神アーゼマと月神メネフィナの父と解釈される。

霊銀の大斧を持つ厳格な帝王の姿で描かれ、砂時計を象徴として表されることが多い。

初期属性パラメータ:火  氷  風  土◎ 雷○ 水×

アルジク(あるじく)

十二神の一柱。

「時神」の二つ名を持つ男神。

属性は「土」、暦では「霊6月(旧暦12月)の運行を務める」とされる。

ゴシップ誌「週刊レイヴン」にもさらっと出てくるあたり、エオルゼアの市民には案外身近な存在であるのかも知れない。

Lodestoneトピックス「エッグハント/失われた卵 (2011/04/26)」

だが、この祭りがフィナーレを迎えるとき、彼女が語るように、本当に十二賢者は現れるのであろうか?

それは時の神アルジクのみぞ、知るところだ。

系譜を辿っていくと主神級の扱いの割りに冒険者にはなじみのない名前であったが、アルジクの名前が想い出せなくても「時神の護符」を通して身近なものとなったと言えるだろう。

★参考★

2012/01に開催された季節イベント「降神祭」では「今回の降神祭で主神がハルオーネからアルジクに交代する」ような記述が見られた(→The Lodestoneトピックス:降神祭 (2011/12/28))。

これによって「アルジクが注目を集めた」とか、「アルジクグッズがウルダハで人気で、時計の発明者が脚光を浴びてエシュテム工房が一大イベントを」とか「幻術士にとって今年は2012年は土属性の当たり年」とか「植物の苗床として知られるグゥーブーが人に味方したのは」、「氷の大精霊が去っていった影響が」、「トレントの大量発生したのはアルジクが地底から影響を」などといった話も特に公にはついぞ聞かれないが、いろいろ結びつけてみることや、「ハルオーネの呪縛によって第六星暦1572年で凍りついていた時間が、アルジクの秘宝を手にした神兵達の活躍により今動き始める!」等といった解釈――あるいは妄想――を展開するのも悪くないのかも知れない。

魔法の伝統やRPGにおいて意味とはそこにあるものではなく与えるものである。LIVEを標榜する世界であればなおのこと。

========================================